中古車バイクを購入するメリットとデメリット

バイクを購入するときには、新車か中古車で迷う人も多いでしょう。中古車の魅力は安いところにありますが、他にもメリットがあり、それと同時にデメリットも存在します。価格以外での中古車バイクのメリットのひとつとして、慣らし運転が終わっているというところにあります。新車の場合、各部品やエンジンの慣らしが終わっていないため、購入後しばらくは比較的丁寧な運転が要求されます。

その反面中古バイクの場合は各部品やエンジンの慣らしが終わっている車体がほとんどのため、乗り出しから気軽に運転できたりカスタムのベースにすることが可能です。また、納車の期間が新車に比べると少々早いという点もメリットといえるでしょう。主に納車整備と購入書類一式のみとなるので、比較的早めに納車されるケースが多いです。なかには、購入者にとって理想のカスタムが既に前のオーナーによって施されている個体もあります。

この場合、自分でパーツなどを追加購入して揃える手間が省けるため、中古車ならではのメリットのひとつです。一方でデメリットとしてあげられるのは、中古ゆえの各部部品や外見の劣化です。また、信頼性の低いお店では、修理履歴を隠蔽していたり、走行メーターを戻していたりなど、購入するお店によって程度のバラつきが非常にアンバランスという点もデメリットといえます。そのため、中古車バイクを購入する時には、知人やインターネットなどの評判が良好なお店を訪れると良いでしょう。

Filed under: レンタカー, 名古屋, 自動車関連Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website