中古車購入と点検整備の有無

中古車を購入するにあたって、かならずチェックしておきたいポイントとして、点検整備付きであるかどうかということが挙げられます。中古車のプライスボードには、通常は車両の本体価格が記載されており、そのほかにも税金や手数料など、さまざまな名目での追加の費用がかかるものです。点検整備なしと書かれたものについては、その中古車がすでに車検の有効期限を過ぎており、ふたたび公道を走るためには、あらためて整備をした上で、車検を受けなければならないということを意味しています。そのため、プライスボードに書かれた金額よりも、よけいに10万円、20万円といった費用がかかる可能性があるわけで、安さに釣られて衝動買いをしてしまうと、後悔することにもなりかねません。

いっぽう、点検整備付きというのは、同じくすでに車検の有効期限が過ぎてしまっている場合であっても、引き渡しに先立って、中古車販売業者のほうでしっかりと整備をして、車検を通した上で販売をするというものです。そのため、プライスボードに書かれた価格には、この点検整備の費用までが含まれているということになり、かならず役所に納めなければならない税金などの特別な費用は別として、よけいな費用はかからないということになります。そのほか、比較的最近に車検を受けていて、次回の車検までの有効期間が残っているものは、その旨がプライスボードにも表示されていますので、点検整備付きと同様にお得な中古車であるといえます。

Filed under: レンタカー, 名古屋, 名古屋 レンタカー 格安

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website