高級中古車の契約と公正証書

中古車とはいっても、一般的な大衆車を購入する場合には、あまり例がないとはいえますが、もしもかなり値段的に高額な外車や高級車をオートローンなどを使って購入するという場合には、公正証書の作成を求められることがあります。この公正証書というのは、全国各地で公証役場を開設している公証人とよばれる特別な国家公務員が、重要な権利にかかわる書類についての事実関係や作成された日付などを証明するというものです。公証人はそれぞれの地域にある法務局に属しており、一定の手数料をとって、こうした証明業務を行っています。高額な中古車をオートローンで購入する場合、ローンとして資金を貸し出す信販会社や銀行などの金融機関では、万が一にも約束どおりに返済がされなかった場合に備えて、その高級中古車を差し押さえるなどの、強制執行をするための確約をとっておきたいと思うものです。

そうしたときに役に立つのが、一定の高い証拠能力をもった公正証書とよばれるものであり、あらかじめ公正証書として作成された契約書のなかに、強制執行を認諾するような文章が書かれている場合には、それを根拠として、ただちに強制執行をすることができることになっています。通常であれば、裁判所からの確定判決などを得て、はじめて行うことができるものを、公正証書があることによって、複雑な手続きを得ないで行うことができるようになるというわけです。中古車購入にあたり公正証書を作成する場合には、通常は購入者の署名と実印の捺印による委任状、さらには印鑑登録証明書などの書類が必要になります。

Filed under: レンタカー, 名古屋, 名古屋 レンタカー

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website