高く売れる中古車の理由

軽自動車やコンパクトカーは中古車として売ると、比較的高値で買い取ってもらえることが多いです。しかも、年式が古くなっても、その傾向は変わりません。たとえばわかりやすくいえば、10年落ちの高級車の価格と軽自動車の価格がそれほど変わらないということです。高級車の値落ち率と比べると、明らかに軽自動車やコンパクトカーの値落ち率です。

この理由は、軽自動車やコンパクトカーの中古車人気が高いからです。たとえばセカンドカーを探している人に、軽自動車やコンパクトカーのニーズが高かったり、もともと新車価格が安いので、中古車になって高額にはならないという点で、安いクルマを探している方には好都合だったり、国内の道路事情に合わせて、運転しやすいコンパクトなクルマを探している人にも人気です。また、軽自動車などと同様に、買取価格が高い傾向があるのは、SUVやミニバン、ハイブリッドカーなどです。これらの車種は新車市場でも人気があり、同様に中古車市場でも人気があります。

人気があるということは、需要が高いということですから、多少販売価格を高くつけても売れます。そのために中古車の買取価格も高額買取が可能なのです。新車を購入するときは、乗りつぶすまで乗り続けるという人以外は、将来高く売ることができるかどうかを考慮することは大切です。新車の値引きが少なかったとしても、将来高く売ることができれば、結果的に得をすることになります。

Filed under: 24時間, ビジネス/オフィス, レンタカーTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website