中古車の状態と適正価格

中古車を購入する際のポイントの一つは、クルマの状態に対して適正価格、あるいはそれ以下のお買い得価格で販売されているかどうかを見極めることです。クルマの状態というのは、年式や走行距離、ボディや室内のキズや汚れ、事故歴の有無、不具合の有無などですが、中古車はどれ一つとして同じクルマはありません。そのため、一台一台について詳細に調べる必要があります。年式や走行距離、事故歴の有無などは資料からでもわかりますが、キズの有無などは実際に見てみないとわかりませんし、走りについては試乗してみないとわかりません。

試乗では、エンジンの吹け上りはどうかとか、足回りはしなやかさを維持しているか、建てつけが悪くなって走行中にきしみ音などはないか、ハンドルから手を離してもまっすぐに進むかなど、基本的な走りについての質をチェックします。また、ボディや下回り、室内を丁寧に見て、キズはないか、サビが発生していないか、シートが汚れていたりシミになっていたりしていないかなどをチェックします。これらのクルマの状態を鑑みながら、中古車の価格が適正かを考えます。中古車価格には定価はありませんが、相場はあります。

その相場から極端に価格がかけはなれている場合、その理由がなぜかを知る必要があります。単純にバーゲンプライスであればこれはお買い得ということになりますが、事故車なので安い価格をつけていることも少なくありません。後からトラブルにならないためにも、きちんと確認することが大切です。

Filed under: ビジネス/オフィス, レンタカー, 名古屋Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website