自動車のヘッドライトをLED化する

自動車の省エネのために最近重要視されていることの一つに、消費電力を少なくすることがあります。自動車はエンジンを動かすだけでもスパークプラグの点火やエンジンスターターなど様々な部品が電気を使っています。この電気はすべてエンジンの動力で動かされている発電機、オルタネーターによって作られています。つまりガソリンを使って発電しているのです。

この為に電気を使えば使うほど燃費は悪くなるのです。実際にヘッドライトをつけるとわずかに燃費が低下するのが燃費計のある車などでは分かります。そこでヘッドライトやテールランプなどの省エネかも重要になってきます。特に明るく消費電力の大きいヘッドライトは重要です。

今まで使われていたハロゲン球からHIDに変わりかなり省電力になっていますが、更にLEDにすることで省電力になります。LEDは点滅にも強いのでブレーキランプなどもLED化して省電力にするのが当たり前になっていますが、これは電球だけをLEDに交換して簡単にすることは難しいのが現状です。まずブレーキは電球の場合テールランプとの兼用になっていますので、明るさを二段階にできる必要がありLEDでは難しいです。またヘッドライトは自動車用としては明るさが重要ですので、十分な明るさを確保しようとすると、発熱量が多くなり、十分な放熱をするのはかなり難しいのです。

この為に放熱性のいい設計が必要でH$noハロゲン球に置き換えるようなLEDでは十分な性能や寿命を確保できないようです。出来ることならレンズユニットごと交換するべきですが、そのような製品はほとんどないようです。

Filed under: 24時間, ビジネス/オフィス, レンタカーTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website