貨物車を自家用自動車として使う

日本の自動車は大きく分けて乗用車と貨物車に分かれます。私たちが一般的に使うのは乗用車で、貨物車はトラックなど仕事で荷物を運ぶ車ということになり、ああmり個人で買うような自動車ではありません。しかし実は産業保護の為に貨物車は税金が安いのです。例えば同じような車でも乗用車と貨物車のあるものにワゴン車があります。

2000ccのエンジンを持つステーションワゴンで5ナンバーの場合自動車税は年額で39500円です。しかしこれが同じエンジン同じ車体でも4ナンバーの貨物車なら、16000円なのです。更に車検毎に払う重量税も1年分で乗用車が12300円貨物車が9900円です。ただし自賠責保険は貨物車の方がやや高くまた貨物車は毎年車検になります。

任意保険は保険会社ごとの差がありますが、貨物車の方がわずかに高いかもしれません。しかし自動車税の差はとても大きいといえます。もちろん乗用車として使う場合の乗り心地などは随分差がありますが、車によっては1ボックスワゴンなど、それ程悪くないものもあります。大きな車が欲しいけど、維持費が高いので困っている人には十分考えてみる価値がある選択として貨物車を乗用車に使うと言うのがありますよ。

日本では一部の人しかそうしていませんが、アメリカではピックアップトラックの優遇が大きい所為もあってピックアップトラックを自家用乗用車に使うのはごく当たり前のこととなっています。日本でも4WDのRVを中心に一時流行っていました。今でも十分魅力的な選択だと思います。

Filed under: 24時間, ビジネス/オフィス, レンタカーTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website